現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

コンタクトレンズ(メーカー別)

神経・感覚器官用医薬品

器官系医薬品

ビタミン・滋養強壮類

細胞・アレルギー系

医療用漢方薬・生薬

抗生物質・他

その他(医療用医薬品)

その他(医療用医薬品以外)

販売会社別カテゴリー

医療機器

商品詳細

  • Combur テスト7UX(商品コード:501709):100枚入(現在使用期限が短いものが流通しております)

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

  • JP

商品コード: 001028-001

商品名: Combur テスト7UX(商品コード:501709):100枚入(現在使用期限が短いものが流通しております)

販売価格:9,123円

発送元 シンガポール1
製造元 ---
販売元 ロシュ・ダイアグノスティックス 株式会社
JAN 4987518501709
GS1 ---
劇薬・劇物 対象外
成分コード 0303FAP
販売上限数 3
発送時期 ご入金確認後、通常7~14営業日で出荷予定

※詳細につきましては必ず「添付文書情報」をご覧ください。

尿中のブドウ糖・白血球・細菌・たん白質・潜血の測定

商品の特徴

・色調が明確
感度がよく、明瞭な色調変化で判定がしやすいことで定評があります。

・発色が均一(独自の構造)
ナイロンメッシュにより、尿が均一に拡散し、色むらを起こしにくい構造になっています。

・アスコルビン酸(ビタミンC)の影響を受けにくい
アスコルビン酸(ビタミンC)の影響を除去する試薬を加えています。

・使い方は簡単
安定した呈色のため、スクリーニングの場合は、反応時間60秒で同時に判定可能(白血球60~120秒)。装置を必要としないため、いつでもどこでも検査が可能。

・豊富な製品群
目的に応じて使い分けができるよう様々な製品を取り揃えています。

・保管に安心な容器を使用
誤って落としても割れない容器を使用しています。吸湿剤はフタに内蔵されているため、失くすこともなく、また試験紙を傷つけることもありません。

形状

成分説明

効果効能

用法・用量

正しい結果を得るために操作方法、測定時間を守ってください。

(1) 試験紙(テスト部分すべて)を手早く尿中に浸します(1秒以内)。

(2) 余剰尿を尿カップの縁で取り除き、試験紙を水平に静置します。

(3) 持ち手部分を上に持って試験紙を釣り下げるようにして容器に貼付してある色調表と比較し判定してください。

各測定項目は60 秒で判定してください(白血球測定用試験紙は60~120 秒で判定します)。

試薬部分周囲の呈色や2分以上経過してから得られた色調は診断に使用しないでください。

使用上の注意

(1) 試験紙は専用のものを使用し、その容器・付属品などはほかの目的に転用しないでください。

(2) 試験紙は必ず貯蔵方法に従って保存し、凍結させるなど指定の条件以外で保存したものや使用期限を過ぎたものは使用しないでください。

(3) 試験紙及び容器に物理的な異常がないかチェックしてください。

(4) 試験紙の試験部分は汚染を防止するため、直接手で触れないでください。

(5) 試験紙を裁断するなど手を加えないでください。

(6) 試験紙の保存法が完全であれば変色することはありませんが、変色している場合は使用しないでください。

(7) 試験紙は必要な枚数だけを取り出して直ちに密栓してください。空気中の湿気により、試験紙が変質したり誤った結果を招くことがあります。

(8) 試験紙は開封又は取り出す時に微生物の汚染を避けてください。

(9) 試験紙をほかの容器に移しかえることは避けてください。

(10) 感度の低下を防ぐために湿気、直射日光や強い光、熱を避けてください。

(11) すべての試験紙、採尿容器は揮発性薬品や強酸性、アルカリ性薬品による汚染を避けてください。

(12) 測定環境温度が15~30℃の範囲を超える場所での測定は行わないでください。

(13) 遠心していないよく混和された新鮮な尿を使用してください。

(14) 検体には防腐剤を添加しないでください。

(15) 採尿後2時間以上経過した尿や直射日光下に置かれた尿は使用しないでください。

(16) 細菌検査は膀胱内に4~8時間以上滞留した尿を採取してください。それには早朝第1 回目の中間尿を使用することをお勧めします。また、その際、採尿前夜の食事で適当量の野菜を摂るように指示してください。

(17) 治療のための薬剤及びその代謝物の影響が考えられる場合は、治療を中止した上で検査を行ってください。

(18) 試験結果の判定は明るい場所で実施してください。

(19) 試験部分周囲の呈色や、2分以上経過してから得られた色調は診断に使用しないでください。

(20) 採尿容器は,消毒剤・洗剤などを完全に洗い落としたものを使用してください。出来れば、使い捨ての採尿容器の使用をお勧めします。