特価販売 医薬品の個人輸入について 初めてご利用いただく方へ

神経・感覚器官用医薬品

器官系医薬品

ビタミン・滋養強壮類

細胞・アレルギー系

医療用漢方薬・生薬

抗生物質・他

その他(医療用医薬品)

その他(医療用医薬品以外)

販売会社別カテゴリー

商品詳細

  • ジェネリック
  • JP

商品コード: 004318-001

商品名: シプロフロキサシン錠200mg「日医工」 100錠(10錠×10)

販売価格:10,980円

在庫場所 シンガポール1
製造元 日医工 株式会社
販売元 日医工 株式会社
JAN 4987376051712
GS1 14987376051719
劇薬・劇物 対象外
成分コード 6241008
販売上限数 1

※詳細につきましては必ず「添付文書情報」をご覧ください。

◆シプロキサン錠200mgのジェネリック品になります。

商品の特徴

細菌のDNA合成を阻害することにより細菌の増殖を抑制し、殺菌作用を示すニューキノロン系の抗菌剤です。
通常、皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、耳鼻科領域の感染症、眼科領域の感染症など、広い範囲の感染症に用いられます。

内容量

100錠

形状

白色〜淡黄色の錠剤、直径9.1mm、厚さ4.3mm

成分説明

1錠中:232.8mg(シプロフロキサシンとして200mg)

添加物:セルロース,トウモロコシデンプン,クロスポビドン,無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース,酸化チタン,マクロゴール

効果効能

適応菌種
シプロフロキサシンに感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,腸球菌属,淋菌,炭疽菌,大腸菌,赤痢菌,シトロバクター属,クレブシエラ属,エンテロバクター属,セラチア属,プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,プロビデンシア属,インフルエンザ菌,緑膿菌,アシネトバクター属,レジオネラ属,ペプトストレプトコッカス属

適応症
表在性皮膚感染症,深在性皮膚感染症,リンパ管・リンパ節炎,慢性膿皮症,外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,乳腺炎,肛門周囲膿瘍,咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,肺炎,慢性呼吸器病変の二次感染,膀胱炎,腎盂腎炎,前立腺炎(急性症,慢性症),精巣上体炎(副睾丸炎),尿道炎,胆嚢炎,胆管炎,感染性腸炎,バルトリン腺炎,子宮内感染,子宮付属器炎,涙嚢炎,麦粒腫,瞼板腺炎,中耳炎,副鼻腔炎,炭疽

用法・用量

炭疽以外の感染症:通常、成人は1回シプロフロキサシンとして100〜200mgを1日2〜3回服用しますが、感染症の種類や症状により適宜増減されます。
炭疽:通常、成人は1回2錠(シプロフロキサシンとして400mg)を1日2回服用します。
本剤は1錠中にシプロフロキサシンとして200mgを含有します。いずれの場合も、必ず指示された服用方法に従ってください。
飲み忘れた場合は気がついたときにできるだけ早く飲んでください。ただし、次に飲む時間が近い場合は飲み忘れた分は飲まないで1回分を飛ばし、次に飲む時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

使用上の注意

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。
以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
妊娠または妊娠している可能性がある、授乳中
他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
空腹時にカルシウムを多く含む牛乳などを同時に服用すると、吸収が低下し効果が弱まる恐れがあるので、注意してください。
乳幼児、小児の手の届かないところで、光、高温、湿気を避けて保管してください。
薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。

禁忌

主な副作用として、発疹、光線過敏症、じんましん、かゆみ、発熱、発赤(結節性紅斑)、浮腫(末梢、血管、顔面、咽頭)、貧血、固定薬疹、血清病様反応(じんましん、発熱、関節痛)、点状出血などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
呼吸困難、浮腫、じんましん[ショック、アナフィラキシー様症状]
腹痛、頻回の下痢、血便[大腸炎]
筋肉痛、脱力感、赤褐色尿[横紋筋融解症]
発熱、咳、呼吸困難[間質性肺炎]
脱力感、高度の空腹感、発汗[低血糖]
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。