現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

コンタクトレンズ(メーカー別)

神経・感覚器官用医薬品

器官系医薬品

ビタミン・滋養強壮類

細胞・アレルギー系

医療用漢方薬・生薬

抗生物質・他

その他(医療用医薬品)

その他(医療用医薬品以外)

販売会社別カテゴリー

医療機器

商品詳細

  • クラリスロマイシン錠200mg「杏林」 50錠
  • クラリスロマイシン錠200mg「杏林」 50錠
  • クラリスロマイシン錠200mg「杏林」 50錠

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

  • ジェネリック
  • JP

商品コード: 702831-001

商品名: クラリスロマイシン錠200mg「杏林」 50錠

販売価格:7,380円

発送元 台湾または香港
製造販売元 キョーリンリメディオ 株式会社
販売元 杏林製薬 株式会社
JAN ---
GS1 ---
劇薬・劇物 対象外
成分コード 6149003
販売上限数 2
説明ページリンク https://www.triple-farm.com/sg/static/item/antibiotics/clarith
発送時期 残り1つ在庫あり。ご入金確認後、通常翌営業日に出荷予定

※詳細につきましては必ず「添付文書情報」をご覧ください。

◆クラリシッド錠200mg、クラリス錠200のジェネリック品です。

商品の特徴

マクロライド系の抗生物質で、細菌などの蛋白合成を阻害して増殖を抑えることにより抗菌作用を示します。
通常、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の除菌に使用されます。

内容量

50錠

形状

フィルムコーティング錠

成分説明

1錠中:日局クラリスロマイシン 200mg(力価)
添加物:トウモロコシデンプン、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、クロスポビドン、ポリソルベート80、ステアリン酸カルシウム、軽質無水ケイ酸、ヒプロメロース、酸化チタン

効果効能

1. 一般感染症の方の場合
<適応菌種>
本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ属、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、クラミジア属、マイコプラズマ属
<適応症>
●表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
●外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
●肛門周囲膿瘍
●咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
●尿道炎
●子宮頸管炎
●感染性腸炎
●中耳炎、副鼻腔炎
●歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

2. 非結核性抗酸菌症の方の場合
<適応菌種>
本剤に感性のマイコバクテリウム属
<適応症>
マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症

3. ヘリコバクター・ピロリ感染症の方の場合
<適応菌種>
本剤に感性のヘリコバクター・ピロリ
<適応症>
胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

用法・用量

1. 一般感染症通常、成人の方はクラリスロマイシンとして1日400mg(力価)を2回に分けて経口投与してください。
なお、年齢、症状により適宜増減してください。

2. 非結核性抗酸菌症通常、成人に方はクラリスロマイシンとして1日800mg(力価)を2回に分けて経口投与してください。
なお、年齢、症状により適宜増減してください。

3. ヘリコバクター・ピロリ感染症通常、成人の方はクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びプロトンポンプインヒビターの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与してください。
なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができます。ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限になります。

使用上の注意

主な副作用として、貧血、軟便、下痢、味覚異常、発疹、かゆみなどが報告されていますので、このような症状があらわれた場合は、担当の医師または薬剤師に必ず相談してください。
まれに下記のような症状があらわれた場合には、使用を中止して、すぐに医師の診療を受けてください。

●呼吸困難、痙攣、発赤[ショック、アナフィラキシー]
●全身倦怠感、食欲不振、皮膚や結膜などの黄染(黄色くなる)[劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全]
●全身倦怠感、頭痛、鼻血・歯ぐきの出血[血小板減少、汎血球減少、溶血性貧血、白血球減少、無顆粒球症]
●皮膚の赤い発疹、水疱、眼球結膜の充血[中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑]
●腹痛、下痢、下血[偽膜性大腸炎、出血性大腸炎]

以上の副作用はすべてを記載したものではありませんので、上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に必ず相談してください。