現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

コンタクトレンズ(メーカー別)

神経・感覚器官用医薬品

器官系医薬品

ビタミン・滋養強壮類

細胞・アレルギー系

医療用漢方薬・生薬

抗生物質・他

その他(医療用医薬品)

その他(医療用医薬品以外)

販売会社別カテゴリー

医療機器

クラリスを、個人輸入で購入する前にご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


このような事で悩んでおられる方に

  • 感染症にかかりやすい
  • 副鼻腔炎(急性・慢性)
  • 中耳炎(急性・慢性)
  • ヘリコバクター・ピロリに感染している

 


クラリスの処方例・作用する病気

1.一般感染症

<適応菌種>
本剤に感性のブドウ球菌属、レン サ球菌属、肺炎球菌、モラクセラ (ブランハメラ)・カタラーリス、 インフルエンザ菌、レジオネラ属、 カンピロバクター属、ペプトスト レプトコッカス属、クラミジア属、 マイコプラズマ属

<適応症>
●表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、 慢性膿皮症
●外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
●肛門周囲膿瘍
●咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染
●尿道炎
●子宮頸管炎
●感染性腸炎
●中耳炎、副鼻腔炎
●歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

2.非結核性抗酸菌症

<適応菌種>
本剤に感性のマイコバクテリウム属

<適応症>
●マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症

3.ヘリコバクター・ピロリ感染症

<適応菌種>
本剤に感性のヘリコバクター・ピロリ

<適応症>
●胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

抗生物質の分類と成分名

クラリスは有効成分としてクラリスロマイシンを含有している抗生物質です。
「マクロライド系」と呼ばれる抗生物質で、肺炎球菌などのグラム陽性菌・インフルエンザ菌など一部のグラム陰性菌・嫌気性菌・マイコプラズマやクラミジアなどの非定型菌といった非常に幅広い領域の細菌に対して強力な抗菌作用を発揮するのが特徴です。
同系統の抗生物質に「ジスロマック(成分名アジスロマイシン)」などがあります。

マクロライド抗生物質はアレルギー反応が現れることが少ないため、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質に対してアレルギーがある方も安心して服用することができます。

クラリスロマイシンは胃酸による影響をほぼ受けずに腸から吸収され、体内で高い血中濃度を維持します。組織移行性にも優れており、速やかに細菌感染の病巣部に到達します。

クラリスロマイシンは薬物相互作用が多く幾つかの併用禁忌薬があることがデメリットですが、使用しやすい抗生物質であるため小児~高齢者の幅広い年齢層において非常に多く使用されております。


クラリスの効果・効能

クラリスをはじめとするマクロライド系抗生物質による抗菌作用は「蛋白合成阻害作用」によるものです。

細菌は生命を維持するために蛋白質の合成を行う必要がありますが、マクロライド系抗生物質は細菌内のリポソーム(蛋白合成を行う場所)で蛋白鎖の伸長を抑制することで蛋白質の合成を阻害し、細菌の発育を抑制します。

クラリスには抗菌作用以外にも幾つかの作用があることが特徴です。

まずは抗炎症作用です。
クラリスは炎症を抑える作用も持ち合わせているため、感染症による炎症症状を和らげることができます。
そのため、慢性副鼻腔炎・滲出性中耳炎などの慢性的な炎症性疾患の治療において「マクロライド長期少量投与療法(通常用量より少量を長期間継続的に服用する)」という治療法があり、クラリスは非常に多く用いられております。

更に、クラリスには鼻副鼻腔粘膜の線毛運動活性化作用があります。
この作用によって痰が出しやすくなったり痰が作られにくくなります。
去痰剤と併用すると尚効果的です。

効き始めるまで

クラリスを服用した後、最高血中濃度に到達するのはおよそ2時間程度です。
効果の発現には個人差がありますが、早い方では1日目から目に見えた効果が現れます。

数日間服用しても症状が一向に改善されない場合は、抗生物質が合っていないか感染症以外の疾患である可能性があります。必ず医師の診察を受けてください。


クラリスの用法・用量

飲み方
1.一般感染症治療の場合

通常成人は有効成分クラリスロマイシンとして1日400mgを2回に分けて服用します。
年齢・症状により適宜増減します。

2.非結核性抗酸菌症治療の場合

通常成人は有効成分クラリスロマイシンとして1日800mgを2回に分けて服用します。
年齢・症状により適宜増減します。

3.ヘリコバクター・ピロリ除菌治療の場合

通常成人は有効成分クラリスロマイシンとして1回200mg(適宜増量可能で最大400mg)・有効成分アモキシシリン水和物として1回750mg・プロトンポンプ阻害薬の合計3剤を同時に1日2回、7日間続けて服用します。
必ず3剤を併用する必要があります。
飲み忘れると効果が減弱するので、飲み忘れがないように注意してください。

 


使用上の注意

副作用

抗生物質でよく見られる副作用は下痢です。
これは抗生物質の強い抗菌力が善玉菌などの健康に有益な菌をも退治してしまい、腸内細菌のバランスが乱れるためです。
軽度であれば心配いりませんが、症状が重い場合や血便・発熱を伴う場合はすぐに医療機関を受診してください。

その他クラリスの副作用として、腹痛、胃部不快感、腹部膨満感、吐き気、発疹、蕁麻疹、めまい、肝機能数値異常、貧血などが報告されております。

また、滅多に起こりませんが重大な副作用として以下の症状が挙げられます。

  • ●アナフィラキシーショック(発心、蕁麻疹、吐き気、冷汗、顔面蒼白、全身発赤、顔や唇のむくみや腫れ、呼吸困難、めまい、血圧低下など)
  • ●重い不整脈(動悸、頻脈、徐脈、胸痛や違和感、胸が苦しい、倦怠感、めまい、立ちくらみ、失神など)
  • ●肝障害(倦怠感、食欲不振、吐き気、発疹、かゆみ、黄疸、茶褐色尿)
  • ●腎障害(尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、倦怠感、吐き気、側腹部痛、腰痛、発疹など)
  • ●重い皮膚・粘膜障害(発疹、発赤、水ぶくれ、膿、皮剥け、皮膚の痛みやかゆみ、ただれ、喉痛、目の充血、発熱、倦怠感など)
  • ●血液障害(発熱、喉痛、口内炎、倦怠感、皮下出血や鼻血・歯肉出血など)
  • ●大腸炎(激しい腹痛、頻回な下痢、発熱、血便など)
  • ●間質性肺炎(から咳、息切れ、呼吸困難、発熱など)
  • ●横紋筋融解症(手足のしびれ・こわばり、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色尿など)

クラリス服用後に強い異常をきたした際は、すぐに医療機関を受診してください。

服用できない方

以下に該当する方はクラリスを服用できません。

  • ●肝臓または腎臓に障害があり、コルヒチンを投与中

また、以下に該当する方はクラリスの服用に関し慎重な注意が必要です。
必ず医師に相談してください。

  • ●他のマクロライド系薬剤に対して過敏症の既往歴
  • ●肝機能障害
  • ●腎機能障害
  • ●心疾患
  • ●低カリウム血症
  • ●高齢者

 


禁忌

以下の薬剤とクラリスは併用できません。

<クラリスの併用禁忌薬>
ピモジド(商品名オーラップ)、エルゴタミン含有製剤(クリアミン・ジヒデルゴットなど)、スボレキサント(商品名ベルソムラ)、ロミタピドメシル酸塩(商品名ジャクスタピッド)、タダラフィル(商品名アドシルカ)、チカグレロル(商品名ブリリンタ)、イブルチニブ(商品名イムブルビカ)、アスナプレビル(商品名スンベプラ・ジメンシー)、バニプレビル(商品名バニヘップ)