現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

コンタクトレンズ(メーカー別)

神経・感覚器官用医薬品

器官系医薬品

ビタミン・滋養強壮類

細胞・アレルギー系

医療用漢方薬・生薬

抗生物質・他

その他(医療用医薬品)

その他(医療用医薬品以外)

販売会社別カテゴリー

医療機器

フロモックスを、個人輸入で購入する前にご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このような事で悩んでおられる方に

  • 皮膚感染症
  • 呼吸器感染症
  • 泌尿器・生殖器感染症
  • 耳鼻科感染症
  • 眼科感染症
  • 歯科感染症
  • 上記のような感染症にかかりやすい

 


フロモックスの処方例・作用する病気

<適応菌種>
セフカペンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフル エンザ菌、ペプトストレプトコッカス属、バクテロイデス属、プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く)、アクネ菌
<適応症>
  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿瘍
  • 咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎,扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染
  • 膀胱炎、腎盂腎炎
  • 尿道炎、子宮頸管炎
  • 胆嚢炎、胆管炎
  • バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎
  • 涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎
  • 外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎
  • 歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

 


抗生物質の分類と成分名

フロモックスは有効成分としてセフカペンピボキシル塩酸塩を含有する抗生物質です。
「セフェム系抗生物質」と呼ばれる抗生物質で、グラム陽性菌・大腸菌やインフルエンザ菌などのグラム陰性菌・他の抗生物質が効きにくい耐性肺炎球菌など多くの細菌に対して強力な抗菌作用を発揮します。

セフェム系抗生物質は、細菌の防御壁である細胞壁の合成を抑えることによって細菌を死滅させます。
ほとんどの細菌は細胞膜の周りに「細胞壁」と呼ばれる防御壁を持っておりますが、そのような細菌は細胞壁を失うと生存できなくなってしまいます。
セフェム系抗生物質はこの細胞壁の合成を阻害することで殺菌的に作用し、細菌を死滅させることができるのです。

ただし、細胞壁を持たない細菌に対してはセフェム系抗生物質は無効です。

 


フロモックスの効果・効能

フロモックスは強力な抗菌作用(細菌の細胞壁合成阻害作用)によって細菌を死滅することで、細菌感染による熱・炎症・痛みなど色々な症状を改善し、感染症を完治させることができます。
皮膚科領域、外科領域、呼吸器、尿路、産婦人科領域、眼科領域、耳鼻科領域、歯科・口腔外科領域など広い範囲の感染症の治療に用いられます。
ドライシロップタイプもあり、小児の感染症治療でも多く用いられます。

フロモックスが属するセフェム系抗生物質は登場した順番で第一~第四世代の種類に分けられますが、フロモックスは第三世代のセフェム系抗生物質です。

第三世代のセフェム系抗生物質は、「グラム陰性菌」と呼ばれる種類の菌に対して特に有効であるという特徴があります。
代表的なグラム陰性菌は大腸菌(膀胱炎などの原因菌)・クラブシエラ・ニューモニエ(膀胱炎などの原因菌)・インフルエンザ桿菌(肺炎などの原因菌)などです。
これらの菌に対してフロモックスは特に高い抗菌効果を発揮します。

逆に肺炎球菌・溶血性連鎖球菌(溶連菌)・黄色ブドウ球菌などのグラム陽性菌に対しては、フロモックスなど第三世代セフェム系抗生物質の抗菌効果はやや弱めです。
グラム陽性菌に対しては、第一世代のセフェム系抗生物質がより有効です。

効き始めるまで

効果の発現には個人差があり、菌種や疾患にもよりますが、早くて服用1日目には目に見えた効果(例えば熱が下がる・炎症や痛みがましになるなど)が現れます。

数日間服用しても症状の改善が一切見られない場合は、抗生物質が間違っている・感染症以外の疾患である可能性があります。
その場合は医師に相談し、他の治療法を検討する必要があります。

 


フロモックスの用法・用量

飲み方

フロモックスを通常成人は有効成分セフカペンピボキシルとして1回100mgを1日3回食後に服用します。

年齢・症状に応じて適宜増減しますが、難治性または効果不十分の場合は1回150mgに増量することができます。

空腹時よりも食後の方が薬の吸収率が良くなります。より抗菌効果を発揮させるためには、食後に服用してください。

耐性菌の発現などを防ぐため、疾病の治療上必要最小限の期間の服用にとどめてください。

 


使用上の注意

副作用

フロモックスだけでなく、抗生物質全般でよく見られる副作用が「下痢」です。
これは抗生物質の強力な抗菌作用が善玉菌などの身体に良い菌にも影響し、腸内細菌のバランスが乱れるためだと言われております。
軽度であればさほど心配いりませんが、症状が重い場合や血便・発熱を伴う場合はすぐに医療機関を受診してください。

その他フロモックスの副作用として、腹痛、胃部不快感、吐き気、発疹、蕁麻疹、肝機能数値異常などが報告されております。
また、長期服用時は菌交代症(口内炎、カンジダ症)・ビタミンK欠乏症(出血傾向)に注意してください。

滅多に起こりませんが、重大な副作用として以下の症状が挙げられます。

  • アナフィラキシーショック(発心、蕁麻疹、吐き気、冷汗、顔面蒼白、全身発赤、顔や唇のむくみや腫れ、呼吸困難、めまい、血圧低下など)
  • 腎障害(尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、倦怠感、吐き気、側腹部痛、腰痛、発疹など)
  • 血液障害(発熱、喉痛、口内炎、倦怠感、皮下出血や鼻血・歯肉出血など)
  • 大腸炎(激しい腹痛、頻回な下痢、発熱、血便など)
  • 重い皮膚・粘膜障害(発疹、発赤、水ぶくれ、膿、皮剥け、皮膚の痛みやかゆみ、ただれ、喉痛、目の充血、発熱、倦怠感など)
  • 間質性肺炎(から咳、息切れ、呼吸困難、発熱など)
  • 肝障害(倦怠感、食欲不振、吐き気、発疹、かゆみ、黄疸、茶褐色尿など)
  • 横紋筋融解症(手足のしびれ・けいれん、脱力感、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色尿など)
  • 低カルニチン血症(乳児)

フロモックス服用後、身体に強い異常が現れた場合は服用を中止してすぐに医療機関を受診してください。

服用できない方

以下に該当する方はフロモックスを服用できません。

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴
  • セフェム系抗生物質に対し過敏症の既往歴(原則として)

また、以下のいずれかに該当する方はフロモックスの服用に関し慎重な注意が必要です。
必ず事前に医師に相談してください。

  • ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 本人または両親や兄弟に気管支喘息・発疹・蕁麻疹などのアレルギー体質がある
  • 高度の腎障害
  • 高齢者
  • 経口摂取不良または非経口栄養、全身状態が悪い

妊娠中または妊娠している可能性がある女性においては、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用可能です。
妊娠中に関する安全性は確立しておりません。

禁忌

併用禁忌薬は特にありませんが、併用している薬がある方は必ず事前に医師か薬剤師に伝え、飲み合わせについて確認してください。

 


保管方法

直射日光を避け、高温・多湿ではない室温(1~30 ℃)で保管してください。

子供やペットの手の届かない場所に保管してください。