現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

コンタクトレンズ(メーカー別)

神経・感覚器官用医薬品

器官系医薬品

ビタミン・滋養強壮類

細胞・アレルギー系

医療用漢方薬・生薬

抗生物質・他

その他(医療用医薬品)

その他(医療用医薬品以外)

販売会社別カテゴリー

医療機器

L-システイン配合製品を、個人輸入で購入する前にご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


このような事で悩んでおられる方に

  • シミ・そばかすやくすみ(美白)の予防改善に
  • 肌荒れやニキビの予防改善に
  • 内側からのヘアケアに
  • 二日酔い改善に
  • 疲労回復や全身倦怠感の改善に

 


L-システインの処方例・作用する病気

〈元々の作用〉
      1.湿疹、蕁麻疹、薬疹、中毒疹、尋常性ざ瘡、多形滲出性紅斑
      2.放射線障害による白血球減少症
〈美容面での作用〉
  • シミやそばかすの改善(美白)
  • ニキビや肌荒れの予防改善
  • 髪質改善(ヘアケア)
  • 二日酔いの予防改善など

 


対象成分を含む医薬品名

先発品

なし

後発品(ジェネリック)

ハイチオール錠、ハイチオール散

OTC要指導・1類

トランシーノⅡ


L-システインの効果・効能

L-システインは非必須アミノ酸の一種で、体内でもメチオニンから合成することができる成分です。
L-システインは皮膚・髪・爪などに含まれるタンパク質ケラチンの構成成分となっているため、これらの部位に多く存在しております。

L-システインは身体の内側から代謝を促進する作用や抗酸化作用を持つアミノ酸ですが、健康・美容に有益な効果を発揮します。

L-システインはビタミンCと協力して過剰なメラニン(シミなど色素沈着の原因となる物質)の生成を抑制したり、過剰なメラニンを無色化したり、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常化することでメラニンを体外に排出して肌を新しく生まれ変わらせくれます。

これから生まれるシミ&今あるシミ両方に有効です。このような作用から、L-システインは美白&美肌成分としての評価が高いです。

L-システインは現在OTC医薬品やサプリメントの有効成分として広く用いられていて非常に有名ですが、医療の現場でも湿疹・蕁麻疹・薬疹・中毒疹・尋常性ざ瘡・多形滲出性紅斑、また放射線障害による白血球減少症の治療に用いられております。

また、L-システインは二日酔いの症状の緩和にも有効です。

           

二日酔いの原因は体内のアルコールが代謝されて生成する物質「アセトアルデヒド」で、アセトアルデヒドによって頭痛や吐き気などの症状が引き起こされます。

           

L-システインは肝臓においてアセトアルデヒドを解毒したり、アルコールを分解する酵素の働きを助けてくれます。
身体のエネルギー産生の代謝を促進してくれるため、疲労や不調の回復効果も期待できます。

L-システインは日常の食事からは十分量を摂取する事が難しく、欠乏状態になりやすい傾向にあります。
医薬品やサプリメントで補うことが一番簡単ですが、体内でL-システイン合成の元となるメチオニンを含む食品(大豆、鶏肉、ホウレン草、カツオ、イワシなど)を積極的に摂取することもお勧めです。

効き始めるまで
〈元々の作用〉

効果の発現には個人差がありますが、数日~数週間継続して服用することで目に見えた効果の発現が期待できます。

〈美容面での作用〉

髪や肌への美容効果を望む場合は、根気良く継続してL-システインを服用することが非常に大切です。
即効性はあまり期待できないので、少なくとも1~2ヶ月は続けることを推奨します。

 


L-システインの用法・用量

処方医薬品であるハイチオール錠で定められた用法用量が以下になります。

湿疹・蕁麻疹・薬疹・中毒疹・尋常性ざ瘡・多形滲出性紅斑の治療においては、有効成分L−システインとして1回80mgを1日2〜3回服用、放射線障害による白血球減少症の治療においては、有効成分L−システインとして1回160mgを1日3回服用することとされております。

年齢・症状によって適宜増減します。

L-システインを含むOTC医薬品においては、L-システイン含有量は高用量で一般的に1日240mgとなっております。

 

飲み方

食事のタイミングは気にせずに服用して頂いて構いません。

過剰服用は重い副作用が現れる恐れがあるため、必ず定められた用法用量を守って服用してください。

一部の医療機関(主に皮膚科)では、L-システイン・ビタミンC・酪酸菌を併用する「L-システイン療法」という治療を行っております。

L-システインはビタミンCと協力して体内で働くため、ビタミンCを一緒に取り入れるとより効果的です。
特に美白・美肌効果を発揮します。

 


使用上の注意

副作用

基本的に副作用はほとんどありませんが、稀に悪心、下痢、口渇、腹痛などの症状が現れることがあります。

L-システイン服用後に何らかの異常が現れた場合は、服用を中止して医療機関を受診してください。

服用できない方

どなたでもご服用頂けますが、L-システインが含まれた医薬品・サプリメントなどで異常が現れたことがある方・心疾患がある方・重い肝機能障害がある方・重い腎機能障害がある方は必ず事前に医師に相談の上で服用を検討してください。

また、妊娠中や授乳中の方に対する安全性は確立されていないため控えることを推奨します。

L-システインの禁忌

L-システインと併用してはいけない薬は特にありません。
併用している薬・サプリメント・健康食品がある方は、事前に医師か薬剤師に相談して飲み合わせについて確認してください。


保管方法

直射日光を避け、高温・多湿ではない室温(1~30 ℃)で保管してください。

子供やペットの手の届かない場所に保管してください。