現在の買い物カゴの中

購入点数: 0
購入金額: 0

買い物カゴを見る

コンタクトレンズ(メーカー別)

神経・感覚器官用医薬品

器官系医薬品

ビタミン・滋養強壮類

細胞・アレルギー系

医療用漢方薬・生薬

抗生物質・他

その他(医療用医薬品)

その他(医療用医薬品以外)

販売会社別カテゴリー

医療機器

ヒドロコルチゾン酢酸エステル製剤を、個人輸入で購入する前にご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


このような事で悩んでおられる方に

  • アトピー性皮膚炎
  • 湿疹・蕁麻疹
  • 乾癬
  • 虫さされ
  • その他、強い炎症による皮膚トラブル

 


ヒドロコルチゾン酢酸エステルの処方例・作用する病気

国内で定められた適応症(添付文書より)
【湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、脂漏性皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症】

ヒドロコルチゾン酪酸エステルは強力な抗炎症作用を持つステロイド外用剤です。
医療の現場では主に「ロコイド」という商品名で広く認知されております。

炎症による皮膚症状を改善します。
アトピー性皮膚炎や乾癬をはじめ、様々な湿疹・皮膚疾患の治療に広く用いられております。

 


ステロイドの強さ・ランク

ステロイド外用剤にはたくさんの種類がありますが、抗炎症作用の強さによって5段階のランクに分類されます。
1群の最強(strongest)、2群の非常に強力(very strong)、3群の強力(strong)、4群の中程度(medium)、5群の弱い(weak)です。

ヒドロコルチゾン酪酸エステルは4群の「中程度(medium)」になります。
下(抗炎症作用が弱い)から2番目です。

そのため、比較的軽い症状・顔などのデリケートな患部・赤ちゃん~小さな子供の湿疹の治療に用いられることが多いです。

1群や2群に比べて作用は穏やかですが、全身性副作用が現れにくく赤ちゃんにも安全に使用することができます。


対象成分を含む医薬品名

先発品

ロコイド軟膏・クリーム
コムクロシャンプー

後発品(ジェネリック)

なし


ヒドロコルチゾン酢酸エステルの効果・効能

ヒドロコルチゾン酪酸エステルは中程度(medium)のランクに分類されるステロイド外用剤です。
強力な抗炎症作用を持っており、皮膚の赤み・痒み・痛み・腫れなどの炎症症状を短期間で鎮めることができます。

副腎皮質ホルモンは体内の「副腎」という腎臓の上にある部位から分泌されるホルモンです。
糖や脂肪の代謝・体液の維持・免疫系の調整などに関与している重要なホルモンで、強力な抗炎症作用を持っていることが特徴です。
医薬品のステロイドとは、この副腎皮質ホルモンの抗炎症作用を治療に応用するために人工的に合成された副腎皮質ホルモン製剤です。
そのためステロイド剤は「合成副腎皮質ホルモン」とも呼ばれます。

ステロイドは様々な病気の治療に用いられており、幅広い領域で絶大な治療効果を発揮します。
ステロイド内服においては治療効果が素晴らしいぶん副作用も多いため、服用には少なからずリスクがあります。
一方、ステロイド外用剤は血中を通らず患部の局所的な治療効果であるため、全身的な作用や副作用は滅多にありません。

特にヒドロコルチゾン酪酸エステルはステロイド外用剤の中でも弱めの部類に入るため、赤ちゃんにも使用されることが多いほど安全性が高めです。

効き始めるまで

症状によって個人差がありますが、多くの場合は1日~数日で目に見えた効果が現れます。

ステロイド外用剤を長期間使用しても症状が改善しなかったり悪化してしまう場合は、ステロイド外用剤が合わない(症状に対して弱すぎるなど)・感染症(ステロイド外用剤は感染症を悪化させる恐れがあるため)・炎症以外の原因があるなどの可能性が考えられます。
必ず医師に相談の上で、他の治療法を検討してください。

 


ヒドロコルチゾン酢酸エステルの用法・用量

通常1日1~数回、適量を塗布します。
1日1~2回(晩or朝・晩)の使用が一般的です。
症状により適宜増減します。

ステロイド外用剤の自己判断での減量・中止は再発・悪化の恐れがあります。
医師の指示を守って使用してください。

使用できる身体の部位

皮膚が薄くデリケートな顔・首・陰部といった部位は薬が効きやすく、皮膚症状の副作用が現れやすいです。
このような部位では、medium以下のランクのステロイド外用剤が使用されることが多いです。ヒドロコルチゾン酪酸エステルは適しておりますが、十分な管理下のもとで使用する必要があります。
眼科用として角膜や結膜には使用しないでください。目に入った場合は直ちに水で洗い流してください。
重いやけど・皮膚潰瘍・切り傷には適しておりません。何らかの細菌による感染リスクがあり、ステロイド外用剤の使用で症状が悪化する恐れがあります。

使い方

使用前後に手をよく洗ってください。
清潔な指に適量を取り、患部に塗布して伸ばします。

1回量の目安として、大人の人差し指の先端~第一関節までの長さにチューブから薬を押し出した量が約0.5gです。
軟膏5g=大人の手のひら約20枚分なので、0.5gで両方の手のひらいっぱいに伸ばすことができます。

軟膏・クリームの2タイプがあります。
部位や使い心地によって剤形を選択することができます。

 


使用上の注意

副作用

副作用はごく僅かです。
臨床試験では、ロコイド軟膏で0.3%、ロコイドクリームで0.6%に副作用が発現したというデータがあります。
軟膏では皮膚炎・乾皮様皮膚・ざ瘡様疹など、クリームでは乾皮様皮膚・そう痒感・毛疱炎などの皮膚症状が報告されております。

ヒドロコルチゾン酪酸エステルに限らず、ステロイド外用剤には特有の局所的副作用があります。
皮膚萎縮(皮膚が薄く弱くなる、光る)、酒さ様皮膚炎(皮膚の毛細血管が拡張する、赤いぶつぶつ、赤くなる)、色素脱失(皮膚が白っぽくなる)、多毛(産毛が太くなる)、ステロイドざ瘡(ニキビ)、皮膚の真菌感染(水虫やカンジダなどの真菌感染症になりやすくなる)などが挙げられます。
これらの症状は、ステロイド外用剤の使用を中止すればじきに消失します。

ステロイド外用剤を長期間大量に使用(1日10g以上)する場合、滅多に起こりませんが重大な副作用として副腎障害、糖尿病、高血圧、骨粗しょう症、後嚢白内障、緑内障、感染症、成長障害、クッシング症候群などが現れる可能性があります。
ただし、ヒドロコルチゾン酪酸エステルにおいてはほぼ心配いりません。

使用できない方
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある方は使用できません。
  • ステロイド使用によって免疫力が低下して感染が悪化する恐れがあるため、細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルスによる皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬・けじらみなど)には使用できません。
  • 治癒が遅れたり感染する恐れがあるため、鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎には使用できません。
  • 皮膚の再生が抑制されて治癒が遅れたり感染する恐れがあるため、潰瘍(ベーチェット病は除く)・第2度深在性以上の熱傷・凍傷には使用できません。
  • 妊婦または妊娠している可能性のある方の使用に対しては、大量または長期にわたる広範囲の使用を避けることとされております。
  • 赤ちゃん~小さな子供の皮膚は非常にデリケートなので注意して使用してください。 おむつのあたる場所に使用する際は特に注意し、医師から指示された使用方法に必ず従ってください。
  • 高齢者の方は皮膚代謝が遅く、通常よりも薬が効きやすい傾向にあります。長期間の大量使用や広範囲の密封法(ODT)には特に注意してください。子供の場合と同様に、おむつのあたる場所に使用する際も特に注意してください。
禁忌

併用禁忌薬は特にありませんが、併用している内服薬・外用薬がある方は、事前に医師や薬剤師に相談してください。

眼科用として角膜や結膜に使用しないでください。目に入ってしまった場合はすぐに水でよく洗い流してください。


保管方法

直射日光を避け、高温・多湿ではない室温(1~30 ℃)で保管してください。

子供やペットの手の届かない場所に保管してください。